読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DevStack

OpenStackをローカル環境で構築するため、そのデプロイツールであるDevStackを使ってインストール。ブランチはJunoを選択。DevStackを実行するVMは、MacVagrantを用いてまずシングルノード環境を構築。VMのOSはUbuntu

ホストのハイパーバイザーはVirtualBox

$ vagrant box add precise64 http://files.vagrantup.com/precise64.box
$ vagrant init precise64
$ vim Vagrant

...
  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port
  # within the machine from a port on the host machine. In the example below,
  # accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine.
  config.vm.network "forwarded_port", guest: 5000, host: 5000
  config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080

  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  #   # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
  #   vb.gui = true
  #
  #   # Customize the amount of memory on the VM:
    vb.memory = "2048"
  end
...

$ vagrant up
$ vagrant ssh
$ sudo apt-get install git
$ git clone https://github.com/openstack-dev/devstack.git
$ cd devstack
$ git checkout -b stable/juno origin/stable/juno
$ cp samples/local.conf .
$ sudo rm /usr/lib/python2.7/dist-packages/setuptools.egg-info
$ sudo apt-get install --reinstall python-setuptools
$ ./stack.sh

VirtualBox(4.3.22)は、設定上は仮想化支援機能は有効になっているものの、ゲスト上でIntel VTは有効にできないので、ゲストのハイパーバイザーはKVM無しでQemuのみで動いているということになる。

#4032 ([feature-request] Nested Virtualization: VT-in-VT) – Oracle VM VirtualBox

MacIntel Core i5

vagrant@precise64:~$ grep -i vmx /proc/cpuinfo 
vagrant@precise64:~$ 

http://localhost:5000/v2.0/

こちらはKeystone(Identity)のAPIXMLが見えればOK。

http://localhost:8080/

こちらはHorizon(Dashboard)のログイン画面。 admin/nomoresecreteでログインできる(local.confのデフォルト値)。 イメージからアクション->起動でコンピュートインスタンスの起動はできた様子。

NeutronDevstack - OpenStack

neutron(Network)を入れて、もう一台VMを作れば、仮想ネットワークで繋げたマルチノード環境が構築できそう。ただ、ホスト上のネットワークを考えないといけない。この状態だとVagrantマッピングしたポート以外はホストからゲストに通信ができない。